2012/06/17

【情報】iOS6は楽しみだけどマップは大丈夫なんだろうな?使えねえ感がハンパない。



iOS6の日本語先行告知画面が表示されて、iOS6が分かりかけてきた@dodonpapaです。


iOS6の全貌が見えてきましたね。




















概要はこんな感じです。


Appleのサイトからの引用です。










◯Map

より美しく、デザインを一新。空からの風景もまったく生まれ変わったマップは、あなたの世界の見方も変えてしまうかもしれません。マップの要素はベクトルベースなので、大幅に拡大してもグラフィックやテキストは驚くほど精細。パンする時もとても滑らかです。地図を傾けたり回転させても、通りや場所の名前はあるべき位置に正しく表示されます。時には空高く舞い上がってみましょう。街の様子が圧倒的な高解像度であなたの眼下に広がるのを楽しめます。





◯Siri

iOS 6では、Siriがより多くの言語を理解し、より多くの国で使えるようになるうえ、新しいiPadでも利用できるようになります2。だから世界中のさらに多くの場所で、さらにたくさんのことができるようになる、というわけです。例えばiOS 6では、お気に入りのチームや選手の今日のスコアや最新データなどを知りたい時もSiriにたのめます。映画を観たい日には、Siriが最新のレビューや予告編をお見せします。映画の後には、料理の種類、価格、場所などの条件をもとに、おすすめのレストランも見つけます。さらに画面をタップしなくても、Siriがあなたに代わってアプリケーションも開くので、例えば「Flight Trackerを起動」とか「スワンピーのお風呂パニック!を開く」と言うだけでSiriがその通りにします。Facebookでの近況アップデートも、ツイートも、これからはSiriにまかせましょう。





◯Facebook

世界最大のソーシャルネットワークに参加するのが、これまで以上に簡単になります。しかも、今使っているアプリケーションを開いたままで投稿できます。カメラや写真アプリケーションからFacebookに直接写真を投稿して共有したり、マップ上にいたまま現在地を投稿したり、Game Centerから直接みんなに高得点を自慢したり。手が離せない時には、Siriが代わりに投稿します。Facebookに一度サインインするだけで、あらゆる投稿の準備が完了。Facebookのイベントはカレンダーに取り込まれるので、誕生日やパーティーの予定をうっかり忘れることもなくなるでしょう。さらに、Facebookにいる友だちのプロフィール情報は連絡先アプリケーションに統合されるので、友だちがFacebookでのEメールアドレスや電話番号を更新すると、それらが自動的に反映されます。きっとFacebookでみんなに知らせたくなる新機能です。





◯フォトストリーム

あなたが選んだ写真だけを、あなたが選んだ人とだけ共有できるようになりました。写真アプリケーションで写真を選んだら、共有ボタンをタップし、共有したい人を選ぶだけで写真が相手に送られます。友だちがiOS 6を搭載したデバイスやMountain Lionを搭載したMacでiCloudを使っている場合は、共有した写真がすぐに相手の写真アプリケーションまたはiPhotoに現れます3。Apple TVを使えば、共有されたフォトストリームをストリーミングすることもできます。共有したい相手がApple製のデバイスを使っていない場合は、ウェブ上で見てもらいましょう。それぞれの写真には「気に入った」のマークやコメントも追加できます。共有されたフォトストリームはiCloudのストレージを使わないので、写真の共有は好きなだけどうぞ。しかもこの機能はWi-Fiと携帯電話ネットワークの両方に対応しています。





◯Passbook

搭乗券、映画のチケット、お店のクーポン、ポイントカード、そのほかいろいろなものを、すべて一か所にまとめておけるようになりました。Passbookを使えば、あなたのiPhoneやiPod touchをスキャンするだけで空港でチェックインしたり、映画館に入ったり、クーポンを使うことができます。クーポンの有効期限やコンサートの座席のチェックもできるうえ、カフェのカードの残高(極めて重要です)も確認できます。iPhoneやiPod touchのスリープが解除された状態になっていれば、空港に到着した時、ギフトカードやクーポンが使えるお店に入った時などに、ちょうどいいタイミングでロック画面に必要なパスやカードが現れます。さらに、空港であなたがチェックインしたあとに搭乗ゲートに変更があると、Passbookがアラートでお知らせするので、もう違うゲートの前でのんびりしていた、なんていうこともなくなるでしょう。





◯FaceTime

FaceTimeがWi-Fiだけでなく携帯電話ネットワーク経由にも対応するので、今いる場所を問わずにFaceTimeのビデオ通話をかけ、受けられるようになります4。しかもiPadでも電話番号を使ったFaceTimeの送受信ができるようになります。つまり、これからはどこででも、どのデバイスでもFaceTimeを楽しめる、というわけです。違う国にいる家族の笑顔も、Retinaディスプレイ越しのキスも、好きな場所で好きなだけどうぞ。





◯電話

iOS 6はあなたのiPhoneに新しい電話機能を追加します。例えば、かかってきた電話を拒否したい時、テキストメッセージで即座に返答したり、かけ直し用のリマインダーを設定できるようになりました。忙しすぎて電話に出たくない時は「おやすみモード」をオンにしておけば、誰かに邪魔されることがなくなります。その場合、上司や奥さんなど、無視できない人からの電話だけは受けるように設定できるので安心です。





◯Mail

iOS 6のメールアプリケーションは、さらに洗練されたインターフェイスを持ち、さらに読みやすく、さらに書きやすくなりました。VIPリストの設定もできるので、会計士、上司、大親友といった人たちからの重要なメッセージを見逃すことはなくなるでしょう5。Eメールメッセージに写真やビデオを追加するのも、一段と簡単に。さらに、下に向かってスワイプするだけでメールボックスを更新できるようにもなりました。





◯Safari

iOS 6なら、iPhone、iPad、iPod touchでのネットサーフィンが一段と素晴らしい体験になります。たとえば、iCloudタブがあなたが開いたページを保存するので、手元のデバイスで見始めたページの続きを、別のデバイス上でも見ることができます。Safariのリーディングリストには、リンクだけでなく、ウェブページ自体も保存できるようになったので、インターネットに接続できない時でも記事の続きを読むことができます6。eBay、Craigslist、そのほかのサイトに写真やビデオを投稿したい時は、Safariを開いたまま撮影したり、カメラロールから写真を選べるようになりました。iPhoneやiPod touchでページ全体を見たい場合は、横向きにしてフルスクリーンアイコンをタップしましょう。何にも邪魔されずに、ウェブページを見ることができるようになります。


iOS6、ぶっちゃけ、あまり目新しいものがない。。。

便利になるので楽しみではあるんですけどね。

あ、対応表はこんな感じです。


▼iOS6対応表





















SiriはiPhone4やiPad2にも対応しませんよ。

やっぱりねえ、がっくし。









不安な要素もあるらしいです。

それはマップ。

まだベータ版だからでしょうけど。。。


























まだベータ版だからですよね? iOS 6から新搭載される地図で東京を見てみると...だいぶスカスカ : ギズモード・ジャパン















正直こんな感じだったら、


現行のGoogleMapのほうがいいですぜ。




しっかりと周辺情報が記載されているほうが地図として使える。



はっきり言って3Dの地図なんぞ見たいとは思わん。

お遊びで使うんだったら、3Dもありでしょうけど、現実につかうんであれば平面で十分。



まあ、あと3ヶ月ぐらいの期間があるので何とかなるんでしょうけどもね。

マップごときで処理が重たくなって使いづらくなるだけはやめてほしいな。


頼みますよ、Appleさん。


以上、@dodonpapaでした。

にほんブログ村 携帯ブログ iPhoneへ
にほんブログ村

スマホランキング