2012/05/03

iPhoneの標準カレンダーのTips〜スケジュールを早く入力するには。


能率手帳とiPhoneの標準カレンダーとの組み合わせが快適でしょうがない@dodonpapaです。




 以前は、スケジュール管理に、こんなアプリやあんなアプリを使ってましたね。


有名どころのアプリはほとんど使いました。

 嗚呼、散財の日々。。。 もとい、勉強になりました。。。 


でも、今日が何日だったのか分からなくなりつつある初老の私に、アイコンで日付を教えてくれる優しいiPhone標準カレンダーが大好きです。



 スケジュールの運用


 能率手帳はスケジュールの一時的な書き込み場所として使ってます。 

スケジュールが発生しやすいのは職場です。

 さっとスケジュールを書ける環境が必要です。

 それにはやっぱり能率手帳が私にはあってます。 

書き込みに使っているのはパイロットの「フリクション」です。

 消すことができるペンでとても使いやすいです。

 能率手帳に書き込んだスケジュールのうち、自分が関係するもので時間が決まっているものをiPhoneの標準カレンダーに登録してアラーム替わりに使っています。

 iPhone でスケジュール管理するのであれば、早く入力できないとですね。

 素早くスケジュールを入力できたら、かっこいいですね。 

わざと、電車やバスの中でスケジュールを素早く登録してみませんか。(笑)




 今回は、iPhone 標準カレンダーでスケジュールを早く入力する方法を紹介します。


 私のやり方はこうです。

 1.iPhone標準カレンダーを起動します。

 2.月表示にします。

 3.スケジュールを入力したい日をしばらく長押しします。





 4.スケジュール入力画面になるので、スケジュールを入力します。








 通常は月表示画面の右上にある「+」ボタンを押して新規スケジュールを入力するのですが、前述の方法だと少しだけですが手間が省けます。

 ちょっと出来る人に見えそうですね。(笑)




 実はもっとおすすめの方法があります。

 口述でスケジュールを筆記する方法です。

 簡単に言うと、iPhoneに話しかけて、言葉からテキストに変換したデータをiPhone標準カレンダーのスケジュール欄に貼り付ける方法です。 


ただし、TPOをよく考えてやらないと、場合によっては「大丈夫か?」などと心配をされる虞がありますので、ご利用は計画的に。



 口述スケジュール筆記



 (準備するもの)

 ○iPhone標準カレンダー

 ○Dragon Dictation

私のやり方はこうです。

 1.Dragon Dictation を起動します。

 2.真ん中の赤いボタンをタップします。





3.登録したいスケジュールを話しかけます。

4.終了ボタンをタップします。





 5.話しかけたスケジュールがテキストに変換されます。





 6.右下の「↑」ボタンをタップし、コピーをタップします。



 7.iPhone標準カレンダーを起動します。


 8.月表示にします。

 9.スケジュールを入力したい日をしばらく長押しします。





 10.スケジュール入力画面になるので、スケジュールをペーストします。







 私はこの方法は自宅のみで行ってます。

 さすがにね、40過ぎの男が iPhone に話しかけているのを他人に見られるのはね、

やっぱりね。。。



 iPhone 標準カレンダー関連のTipsはまだまだあるので、このシリーズ続きますよ。


 iPhone で予定管理もお手のもの。


 以上、@dodonpapaでした。


  にほんブログ村 携帯ブログ iPhoneへ
にほんブログ村